リッドキララ 使い方・塗り方についての気になる点

使い方は保湿後にリッドキララで最後にメイクで整える

リッドキララの使い方の基本は、保湿を行った後に使用して、最後にメイクで整えて仕上げます。
目元に限らずお肌は水分が重要で、土台に当たる部分こそケアの優先度は高いといえます。
しっかり水分を与えて土台を整えたら、次にケアの本番へと進みます。
大量に使うのではなく、適量を取り出して気になる部分を中心に乗せて馴染ませたら、後は何時も通りに仕上げて完成です。
順番が違ってしまうと、折角の実力が半減してしまうので、必ず守って取り組むようにしましょう。

年齢ごとに適したお肌のケアが大事|原因が三重なのかくぼみなのかなど

年齢が現れやすいお肌は、その人によって適したケアが大事で、三重や目元のくぼみで違ってきます。
まぶたのケアは適量のリッドキララをまぶたに乗せて、目元を引き上げるようにしながら伸ばして塗り込みます。
浸透させる為に指を当てて冷風で乾かしていくと、ただ塗るのと比べて良く馴染みます。
原因によってケア方法は変わってきますが、基本的には伸ばして塗り込んだり、引き上げてキープする感じです。
他にも、指先でトントンと叩いて馴染ませるようにすると、成分が浸透して目元が変化していきます。

塗り方ひとつで効果が違う?|物理的被膜効果

リッドキララには、塗り方ひとつで効果が違って見える特徴があります。
まぶた全体を覆う感じで塗ると、物理的被膜によって全体が持ち上がるように引き締められます。
更に浸透させるように塗った場合は、浸透した成分が内側から引き上げ、目元の印象を大きく変えます。
密着して引き締めるか、浸透して土台を支えるかという違いが生じるわけです。
このように、リッドキララは面白い特性を持っていますから、公式が推奨する使い方をあれこれ試してみるのが良いでしょう。

最初からまぶたじゃなくまずパッチテスト!副作用リスクに

これはリッドキララに限りませんが、初回の使用時はいきなりまぶたに塗るのではなく、まずはパッチテストで確認するのが得策です。
手の甲にリッドキララを適量取り出し、塗り拡げたら清潔なラップで覆います。
あまり時間がなかったり、肌に自信があるなら30分くらいでも良いですが、副作用のリスクを徹底的に確認するなら24時間、あるいは48時間は置きたいところです。
テストをしてかゆみや変色などの異常が見られなければ、目元に使用しても大丈夫だと判断できます。

北の快適工房への問い合わせ(電話など)でコツを聞く

北の快適工房では、購入後も安心できるように、手厚いサポート体制を用意して提供中です。
窓口はWEBの相談フォームと電話で、後者では健康管理士中スキンケアアドバイザーが対応しています。
使い方や塗り方のポイントなどは、いずれかの窓口に問い合わせてコツを聞くことができますし、何より無料相談できるので便利です。
スキンケア全般だけでなく、ヘルスケアの相談が可能ですから、何から何まで尋ねられるので頼りになります。